釣り行こっ!

子供を海釣りに連れて行ったら自分が釣りにハマった

サビキ釣りで魚を釣るための考察

釣行を重ねて、つねづね思うのはサビキ釣りの難しさ、です。

周りの釣り好きに聞いても、「サビキ=釣れる」イメージは強いようです。実際ぼくもそうでして、その分サビキ釣りしてボウズ食らったときの悔しさったら、言葉に言い表すことができません。

サビキ釣りは万能じゃない

これまでサビキ釣りでボウズ食らった経験からいうと、やっぱり魚を寄せないとサビキ釣りでも釣れないっていうことに尽きます。

魚がいないと魚が釣れないってのは当たり前ですけど、眼の前の広い海の下で魚がいないことがあるって、なかなか受け入れられませんよねw

ぼく(と家族)だけじゃなく、右・左2軒づつの両隣でまったく釣果がないってこともあるわけで、広大な海原の下で魚がいないことはザラなんじゃないかとおもうわけです。 

 

サビキ釣りで狙う魚は回遊魚

サビキ釣りで釣れる魚は、イワシ、アジ、サバがほとんどかと思います。これらの魚は回遊魚で、根魚と違って回遊してこないと、基本、眼の前の海にはいないです。

 

ただイワシとかはハイシーズンになると、群れも大きいので、釣れる確率は高いです。でも、面白いことに、向こうのほうから連れ出してきて、「よっしゃ、回ってきたぞ」って思っても、途中でパタっと上がらなくなることもあります。面白くないですけど。

 

 

回遊経路は潮の目などで変わるんでしょうけど、どのあたりを回っているかは、釣果情報のコメントであるような「桟橋先端で釣れてる。内側で釣れてる。」という回遊経路をチェックするしかないでしょうね。

 

釣果に関係する針のサイズ

食い渋りの場合には、針の号数を下げてみる(5号から3号へ)とか、色を変えてみる(ピンクがだめならハゲ皮)とかありますが、これもやっぱり周りで釣れてるのに、うちだけ釣れてないというときの対策。

そもそも周りで上がってないのに、色を変えても釣れないのは自明の理。

 

この間、サビキ釣りして10cm満たない豆アジやイワシが掛かりましたが、そのときは針は4号でした。こんな小さな魚でも4号の針を食える多きさなんだとわかったのは大きかった。

 

すこし回っているときに効果的な方法

向こうを回っている魚の回遊をこちらに向けることは不可能でも、回ってきている魚をできるだけとどめておく方法はあります。

コマセを撒くこと

そのままですが、コマセの煙幕があるところのほうが、魚はよってきますし、コマセが散乱しているほうが、サビキに食いつきます。

このコマセワークは基本のキですが、底狙いなのに表層で撒いても、別の釣座に流れていくだけ。棚で撒けるように、カゴの調整は必須ですね。

表層から中層までならうわカゴでもいいけど、底狙いなら下カゴも用意しておいたほうがいいのではないかと、思ってます。

ただ、下カゴのコマセって底に行き着くまでに空にならないか、と心配です。

 

仕掛けをヘビーにする

普通のサビキ(投げサビキとかじゃなく)は、足元に仕掛けを落とし込みます。

流れが速い釣り場で底まで落とし込むのは結構苦労しますが、 気にしてない人もたまに見かけます。つまり、隣の隣ぐらいの仕掛けに絡んでしまう人。

 

自分の眼の前を釣ってるつもりが、実は仕掛けは表層を横に流れてる、なんてことになるので、そういう場合は仕掛けのおもりを大きくして対策しないと、ですね。

 

やっぱりトリックサビキ

サビキも針にスキンがついてる、いわば疑似餌=ルアーですね。

そしてやっぱりルアーよりエサ釣りが強い。

泳いでる魚の数が少ないのか、魚がスレれてるのか、魚の気持ちはわかりませんが、まわりでもポツポツしか釣れていない場合、やっぱり強いのは針に餌がついてる仕掛けです。

 

快晴より曇り空(感覚的)

これは、なんとなく経験的なのですが、ジリジリ暑い快晴の日は朝マズメでも、あまり釣れないように思います。

それまで釣果情報をチェックして朝から釣れてるはずでも、その日はほとんど釣れない。暑いし釣れないので肩を落として帰って釣果情報をチェックしてみると夕方釣れだしてる、なんてことはザラです。

 

最後に

大漁を夢見てサビキ釣りしても、釣れないときは釣れない。

やっぱり自然を相手にしてるんですから、作戦立てて、臨機応変に戦略変えて、釣れるんじゃなくて釣りに行く、という気持ちが大切だな、とサビキボウズのぼくは思うのでした。

こんど、いつ行けるかな...。