釣り行こっ!

子供を海釣りに連れて行ったら自分が釣りにハマった

新鮮な魚を持って帰るために、釣り場で魚をシメる

釣った魚を自宅で美味しく食べるためには、鮮度を保った状態で持って帰ることが重要。鮮度を保つためには、活かしておくのが一番ですが、いっぱい釣れたときや、予想外に大物が釣れた時はそういうわけにはいかない。

活かしたまま持って帰ろうと思って、クーラーボックスに入れて家に帰ってみたら死んでた、これが最悪ケース。生臭い魚になってしまう。

今回は、釣った魚を美味しくいただくために、鮮度を保った状態での持って帰り方です。

釣り場で締めないとどうなるか

f:id:emmapapa:20180302001834j:plain

生ぬるいクーラーボックスのなかに入れたままにしてた。帰ってきてたら死んでた。これだと、せっかく釣った魚が生臭くなってしまいます。

もしくはクーラーボックスのなかで魚は窒息死。すると細菌により身が悪くなるし、暴れて死んだら身に血がにじんでこれまた生臭くなる。

よく釣り場で釣れた魚を水くみバケツで泳がせている人を見かけます。少ない海水ではすぐ温度上昇が始まりますし、また、酸欠になって魚は死んでしまいます。

魚の旨味

魚の身にはアミノ酸からなる旨味成分がありますが、酸欠したり狭いクーラーボックスで暴れて死んだりするような場合、この旨味成分が分解して飛んでしまうそうです。

また生きとし生けるものはすべて死ぬと死後硬直が始まります。実は死後硬直は食感を楽しむために必要なことなのです(コリッとした食感)が、死後硬直後はどんどん鮮度が落ちるため、死後硬直時間をコントロールすることが必要とのこと。

それがつまり魚をシメるということだそうです。魚を即死させる(締める)と、死後硬直まで数時間キープすることができるらしい。

ちなみに、青物は死後硬直までの時間が短く鮮度が落ちるのが早くなる。

いわゆる「青物は足が速い」ってやつです。

 

イワシ・小アジ・小サバやキスのような小魚は氷締め

サビキのターゲット、イワシや小アジ、小サバやキスなどは数釣りすることもあり、一匹一匹処理できないしそんな大きさでもない。じゃあどうするか。

これらは、氷締めといって、クーラーの氷のなかにぶっこめばいい。

 

ここで注意が1つ。

コンビニで買ったかち割り氷や家から持ってきた真水の氷に魚を入れるのはNGです。

  

真水のこおりは、当たり前ですが、溶けると真水になります。

海水を泳いでいた魚を真水に入れると、皮の浸透圧で真水を吸収して水っぽくなってしまいます。

正解は、まず海水をクーラーボックスに入れます。海水は釣った魚の量によりますが、魚が浸る程度。次に、コンビニで買った氷を「袋ごと」海水に入れて、海水をキンキンに冷やします。その海水に、魚を入れると氷じめの完成です。

コンビニ氷もお金が掛かるので、500mlペットボトルに水を入れて凍らした氷ボトルを2~3本用意するといいですよ。

自宅で作った塩分濃度3%程度の氷水で氷を作るって手もあります。

家族に怒られないのであればそれもいいかと。

  

中型以上のアジ、サバ、シーバス、サワラなどは締めて血抜き

アジ、サバ、サワラやシーバスなど中型以上の魚になると、ちゃんと締めておかないと身に血が回って臭くなってしまいます。

またタイなどの高級魚も釣ったらすぐ締めて血抜きしないと味が全然違ってしまいます。

まず締め方(即死させ方)ですが、いくつか方法があるようです。

オーソドックスなのは、頭側と尾側の中骨(せぼね)に、ガスっと包丁やナイフを射し込む方法。

すると、血が大量に出てくるので、水くみバケツにいれるか、ストリンガーで吊るして海に落としてじゃぶじゃぶ。

魚を前後(上下?)に振って、海水をくぐらせるようにしたほうが、血が抜けやすいそうです。

最近魚の眉間に細長い針金を挿し込む「神経じめ」ってありますが、これも結局血抜きしないといけないんじゃないかな...。だとしたら、中骨にナイフを立てるほうが、血抜きも出来て良さげですよね。

魚別締め方

タイやチヌなどウロコが尾まであって邪魔な場合は、カリカリとウロコを取ってから尾のほうの中骨へナイフを差し込む。

カサゴやコチなど、立つ魚は、エラを開くんじゃなくて、目と目の間、つまり眉間にナイフをぶっ刺す。

カレイやヒラメの平たい魚は、裏をむけてエラの付け根にナイフを刺し背骨を切る。尻尾側の中骨も骨が切れるまでナイフをしっかり入れます。

 

締めた魚をクーラーボックスに入れるとき気をつけること

タイやヒラメ・カレイのような白身魚は締めたあと、海水に入れると水っぽくなってしまうそうです。

また、直接氷に身が当たってると氷ヤケしてしまうため、クーラーボックスに入れるときちょっとしたコツが入ります。

それは、氷の上にスポンジマットのような中敷きでもいいし、海水で濡らした新聞紙やタオルでもいいので、魚をくるむこと。ただ、いっぱい釣れたときにあまり魚を重ねてしまうと冷気が届かないので、氷サンドも検討したほうがよさそうです。

タイやグレのような体高の高い魚は、立てて並べるのがコツだそうです。

イナダやサバ、アジのような青物は締めたあと、直接氷海水に入れても大丈夫だって。

締めたあとにやっておくこと

中型以上の魚は内蔵に寄生虫を持っています。それも結構な割合で。有名なのはアニサキスのアニキですね。

宿魚が死ぬと、アニサキスは内蔵から身のほうへ移っていきます。そうなると刺し身にできなくなってしまうので、締めたらついでに内蔵も取ってしまうのはセオリーです。

 まとめ

小魚は氷で冷やした海水で氷締めがベスト

海水に直接氷をいれないこと(溶けると塩分濃度が下がる)

中型以上の魚は、締めてから氷海水で保存

タイ・カレイ・ヒラメのような白身魚は締めたら氷海水に付けないようにする

 

最後に

文字だけですみません。自分整理目的なもので。。釣れたら写真を貼ります(´・ω・`)