釣り行こっ!

子供を海釣りに連れて行ったら自分が釣りにハマった

スポンサード・リンク

極寒の釣りでの寒さ対策は

昨日福浦岸壁に行ったときのことですが

福浦岸壁で投釣り - 釣り行こっ!

iQOSが気温で使えないとか、青イソメが凍るんだ~。へぇ~。とかはいいとして、手足の凍傷になりそうなのはなんとかしたい、と思ってちょっと対策を探してみました。

上下アウターの寒さ対策は

冬用の釣りウェアはダイワやシマノ含めていろいろ出てますね。

でも、釣りメーカーのウェアは正直高い...。

多分暖かくて、多分動きやすいんでしょうけど、そこまで出す前にいろいろ買いたいものがあるのでいつまでたっても順番が来ない値段帯。。

そして、今回のマイナス1℃(そして風1メートル吹けば体感は-1℃らしいので、あと何度かマイナス)で実証しましたが、上半身はUNIQLOの極暖ヒートテック+ブロックテックフリースパーカーでまったく問題なしです。

あ、もちろんその上にダウン来てます。つまり、特別なウェアは必要なしってこと。

ボトムも暖パンていうんでしたっけ?これで全く問題なし。

UNIQLOの回し者になったみたいですが、ユニクロは暖かいものが安く手に入るので、まさに釣りのようにコンクリに擦れる、餌や魚の臭いが移る、ヘビーユースでも臆すことなく使うことができるすばらしいウェアが手に入ります。

 

問題は手足

ところがどうしても機能面優先で冷気と戦う必要に迫られるのが手足です。

僕は釣りのときスニーカーなのですが、これは磯系のブーツならなんとかなるかもしれないって思いつつ、持ってないのでわからないのですが、手だけはどうしようもない気がする。

一応グローブはしています。

でも、仕掛けを結ぶときやエサ付けのとき5本グローブじゃ無理なので、3本カットのやつを使ってる。

こういうやつ

 

各メーカー、素材に拘るようでチタンがどうとかネオプレンとかありますが、3本指が出てるからどうしようも無い気がする。

ルアーじゃなければ、指にかぶせるタイプならまだ行けるのかもしれません。

 

グローブ以外の対策

 

ネオプレン2本切りカバーってやつは、結構リーズナブルな値段なので、こんど機会があったら買ってみようか、と思ってますが、ジギングとかのルアー釣りの場合は、ほとんど指出っぱなしだから、やっぱり対策になってない気がする。

そんなわけで、探してみたらこういうのを見つけました。

 

サーファー御用達のホットジェルです。一応サーフィン経験者ですが、これは使ったことありませんでした。冬場の波乗りはグローブ付けてもすぐ手の感覚がなくなるので、試しておけば、いまに効果があるのかわかったのに。。。

口コミを見ていると、どうやらヒリヒリ感が暑さを呼ぶようで、長時間皮膚に付けてて大丈夫かどうか微妙な感じでした。気にならない人は気になってないようでしたが。。。

 

それより効果も微妙そうだが、それなりに試す価値がありそうなのがこれ。

 

手首の血流を温めて、指先まで温めようという、商品パッケージの割に科学志向な商品です。

値段的に失敗しても立ち直れそうだから、これ、今度試してみようかな。

最後に

真冬の海釣りは、どこか根性トレーニングじゃないかと思える寒さなのですが、釣れたときの嬉しさはパンパなく、それがまた次の釣行に掻き立てるんですよね。。

さあ、今度いついこうかな。