釣り行こっ!

子供を海釣りに連れて行ったら自分が釣りにハマった

スポンサード・リンク

釣り餌の活かし方

先週末の磯子の釣果...は、それほどでもなかったけど、アタリの多さは久々でした。

潮目的には、それほどイイとは言えなかったとおもうのですが、なんであんなに良かったんだろか、と考えたら、一つ思い当たることが。。。

新鮮(?)なイソメ

先週末以前は、早朝に出発してたこともあり、釣具屋は閉まってるので、前日買っておくか、釣り場の近くのコンビニで仕入れていました。

どちらの餌も釣り始めから、乾き気味で針に挿してもぐんなり。死んではないですが、弱ってるもよう。

ですが今回のは、釣具屋の水槽から出たてのピチピチですので、針に掛けようと掴んだだけで暴れるし、針に刺すと、ぴゅって。(すみません。。)

この状態なら、投げた海底でも元気よく暴れてそうですし、虫の体液は魚を寄せるらしいので、釣れる気しかしない状態かとおもいます。

虫餌の保存方法

では、手に入れ安いシナッた餌じゃなく、元気な餌を使うにはどうするか。

家で元気な状態に保存しておくしかないか、とおもい調べてみました。

ゴカイやイソメのような多毛類と呼ばれる虫エサは、自分の体液で死滅するということで、体液が体に付着しないようにバーミキュライトと一緒にしておくんだそうです。あの、パックで一緒に入っているキラッキラするやつですね。

それから、せめて一日置きに海水で洗ってあげること。釣具屋で流水(海水)の中にいるのはそういうことのようです。酸素不足を補う意味もあるのでしょうが。

温度は低くて構わない。むしろ高い温度に弱いらしいので、冷蔵庫に入れておくのがいいと。

 

・・・ これは無理だな。。 ヨメの叫び声が脳内再生される。

 

以上から、この時期なら、余った虫餌を外の倉庫に置いておき、1日おきに、3%弱で作った塩水で洗ってあげれば、元気なあいつらが釣りで使える(かもしれない)。

ちょっと次回試してみよう。。。

あとは勝手に増えてくれないかなぁ。