釣り行こっ!

子供を海釣りに連れて行ったら自分が釣りにハマった

スポンサード・リンク

PEラインについてのまとめ

釣りを再開して、最初にカルチャーショックを受けたのがPEラインでした。バス釣りにハマってたときにたしか出始めたとおもうのですが、とても高価だったしフロロに慣れていたのもあり、ほとんど見向きもしなかったのですが、今はラインシステムとしては避けて通れないですね。

今回はそのPEラインについて、まとめです。

 PEラインの特徴

f:id:emmapapa:20180203223628j:plain

PEラインは、定番のナイロンやフロロカーボンのラインより、細くて強いのが売りのラインです。

かなりほそい合成繊維を撚り合わせて細さのわりにひっぱり強さを出しています。

いま主流なのは4本編みの「4X」と8本編みの「8X」。当然8本編みのほうが、細さの割りに強くなりますが、値段も上がります。

PEラインは浮力があり軽いので、ボトムに沈めるリグや風の影響を受けやすいといいます。

また、ほとんど伸びないので、メタルジグなどのアクションは伝えやすく、アタリなどの感度がいいのですが、伸びないという特性から根や魚の歯にとても弱いため、リーダーは必須です。

PEラインの強度・太さ

メーカーによって太さが違うため、1号のPEラインをリールに巻いたらおもったより巻けなかった、ということもあります。ちゃんとリールに300M巻きたい、という方は、メーカーの表示をチェックするようにしましょう。基本的に安価なものは太くなる傾向にあります。

以下の太さ、強さの表を参考に載せておきます。

 

ナイロン・フロロカーボンの場合

号数 ポンド(lb.) 強度(kg) 標準直径(mm)
0.8号 3lb 1.4kg 0.15mm
1号 4lb 1.8kg 0.17mm
1.5号 6lb 2.7kg 0.21mm
2号 8lb 3.6kg 0.24mm
2.5号 10lb 4.5kg 0.26mm
3号 12lb 5.4kg 0.29mm
3.5号 14lb 6.3kg 0.31mm
4号 16lb 7.2kg 0.33mm
5号 20lb 9.1kg 0.37mm
6号 22lb 10.0kg 0.41mm
7号 25lb 11.3kg 0.44mm
8号 30lb 13.6kg 0.47mm
10号 35lb 15.9kg 0.52mm
12号 40lb 18.1kg 0.57mm
14号 50lb 22.7kg 0.62mm

PEラインの場合

号数 ポンド(lb.) 強度(kg) 標準直径(mm)
0.6号 6lb 2.7kg 0.21mm
0.8号 8lb 3.6kg 0.24mm
1号 10lb 4.5kg 0.26mm
1.2号 12lb 5.4kg 0.29mm
1.5号 15lb 6.8kg 0.31mm
2号 20lb 9.1kg 0.33mm
2.5号 25lb 11.3kg 0.41mm

標準的には、1号で10lb(4.5kb)が目安ですかね。

おすすめPEライン

いろいろサイトを見て回っていますが、やっぱりラインは好みが別れますね。

でも必ず出てくるPEラインはこれ。

 

ぼくも最初にこのよつあみ(YGK)ラインを買いました。

 

よつあみのあと、リピートしているのがこのRapalaです。これは安い割りに評判のいいラインで、かつアマゾンでときどきタイムセールしているから(^^)

廉価製品で評判がいいのがこれ

f:id:emmapapa:20180203223939j:plain

カゴ遠投など、ショアジグと違って投げたら投げっぱなしのような釣りの場合、長さはほしいけど、それほど高価なものは必要ないようにおもってます。

アマゾンでメジャーメーカーじゃない安売りしているPEラインを探したのですが、コメントで比較的大丈夫だったのがOPAの廉価PEラインでした。

だめなのは、ほんと駄目みたいです。プチプチ切れて釣りにならないそうなので、なるべく口コミのいいものを探すようにしましょう。

 

釣具屋で、一番出ているPEラインだ、とおすすめされて巻いたのが下のソルティガセンサー。

少々高いけど確かにいいものでした。ダイワ17エクセラーに巻くって言ったからおすすめされたのかなぁ。

PEラインを使うなら買っておきたいもの

まずはリーダーから

リーダーは、ラインと同じ強さのものを使ったほうがいいらしい。そうすれば、もし同しようもない根掛かりなどの場合、強引に引っ張るとラインとリーダーの結合部分で切れる可能性が高くなるからです。

 

ショックリーダーは「これがいいっ」的なコメントはありませんでした。ショックリーダーって書いてるけど、別にショックリーダー専用のものじゃないです。手持ちに強めのフロロとかナイロンとか、あるならそれでもいいかとおもいます。

PEにシュッ

PEラインは、すべりを良くするのとメンテナンス性をあげるために表面にコーティングがされています。このコーティングが剥がれてくると、繊維で編まれているPEラインは毛羽立ってくるようになり、高切れしてしまうので、釣りが終わったらシュッとしておきましょう。

 

最後に

上記はPEラインにからむグッズでしたが、釣り場で竿はどのようにしてますか?

管理釣り場の手すりや波止に直接ロッドをかけていると、PEラインがすれてそこからきれる、なんてこともあります。

ロッドを立てかけるときは、タオルなどを引くようにして直接PEラインが当たらないようにしましょう。