釣り行こっ!

子供を海釣りに連れて行ったら自分が釣りにハマった

投釣りでヒトデが釣れるときの対策

カレイシーズンまっただ中ですが、カレイを狙ってるのに、及びでないのが釣れてきます。そう、ヒトデです。今回は、どうしてもヒトデが釣れてしまうときの対策です。

投釣りでの超外道 ヒトデ

f:id:emmapapa:20180110225230j:plain

仕掛け投入後、しばらくしてリールを巻きはじめると、おも~い感触、そして一切走るとか暴れるとかの魚の感触がない、あのがっかり感...。

たまに釣れることはあったのですが、この間、大黒海づり施設に行ったとき、ほんと酷かった。投げれば、2針ともちゃんとヒトデがかかってくる。

写真の場合なんて、2針の仕掛けなのに、4枚ヒトデがかかるんですよ。

もう、ゲンナリです。

というわけで、ヒトデ対策について調べてみると、みなさんお困りなんですね。

胴付き仕掛けを使う

対策その1として、ヒトデは地面(海底)を這っているので、仕掛けの針を浮かせる対策です。

胴付き仕掛けは、一番下にナス型の錘があるので、針は海底から少し上がります。

 

ただし、あまり針があがるようでは、ターゲットのカレイにもスルーされてしまうので気をつけないと行けないです。

仕掛けをゆっくり動かす

ヒトデはかなりゆっくり動くので、仕掛けを着底させたあと、除々に動かしていけば、ヒトデが食いついてくることはありません。

そして、針についているイソメも、波に乗ってゆ~らゆ~ら、誘いの動きをするので、カレイにアピールできる、というわけです。

考えてみると、当たり前といえば当たり前。

でも、遠投したあと、チェアに座ってゆっくりしたいじゃないですか。と、そんな待ちの姿勢のやつにはカレイはつれない、か。

ちょっとづつ動かす作戦、次回、試してみよう。