釣り行こっ!

子供を海釣りに連れて行ったら自分が釣りにハマった

スポンサード・リンク

初心者向け ショアジギングロッド3選

強烈な引きが楽しめるショアジギングは、ロッドに求める機能もいろいろあります。
今回は、初心者向けにショアジギング用ロッドを選ぶポイントや、おすすめ商品についてまとめてみました。

f:id:emmapapa:20180109235138j:plain

ショアジギング用ロッドに求められる機能

おもにメタルジグを1日中投げ続け、ヒットすると強烈に走る青物を相手にするショアジギング用のロッドでは

  • 長さ
  • 硬さ
  • あつかえるルアーの重さ

が、主要3機能となります。それ以外にも、重さやガイドの形など細かい点もありますが、まずは上の3つを踏まえて、その上で考えればいいとおもいます。

ロッドの長さ

ロッドが長いと、キャストするルアーの飛距離を稼げるようになります。

短いロッドは、飛距離は出なくなりますが、その分軽くなり取り回しが楽になります。

つまり、ルアーアクションがしやすい短めロッド、ロングキャスト向け長いロッドというわけ。また、防波堤の場合は飛距離を殺しても短めロッドで対応可能ですが、テトラや磯といった足元にストラクチャーがある場合は、長くないとヒットした魚が根に潜ってしまったり、岩にラインが擦れてラインブレイクしてしまったりしますので、フィールドで長さを選ぶのも一つです。

ロッドの硬さ

ロッドが硬いと、重いルアーを投げてもブレなくキャストすることができますし大物がかかったときにパワー負けしません。

ただその分重くなるので、1日中キャストする体力と相談する必要もでてきます。

また、軽めのジグをキャストする場合、ロッドのしなりを活用できないので、飛距離がでなくなってしまいます。

ルアーの重さ

ライトショアージギングでよく聞くジグの重さは、20~40g ぐらいでしょうか。

狙う魚のサイズでジグの重さ(大きさ)を選ぶこともありますが、それ以上に、流れの速いところや水深が深いところで、軽いジグを使用すると底が取れない(着底がわからない)ことがあります。

その為、自分のよくいくフィールドがどうか、によってルアーがある程度決まり、そのルアーサイズによって、ロッドのサイズも決まってくるということになります。

おすすめショアジギングロッド

さて、上記からおすすめのショアジギングロッドのシリーズをあげていきます。

長さはそれぞれシリーズ毎に数字で表記されていますが、だいたい9ft~10ftぐらいが初心者エリアとなります。また、硬さは数字の末尾にL~M~H~XHHと表記されていますが、無難なのはMHあたりかと。

シマノコルトスナイパーBB

なんといってもおすすめは、シマノコルトスナイパーBB です。

上位機種にコルトスナイパーがあって、コルトスナイパーBBはエントリーモデルの位置付けですが、上位機種に採用されていた「ハイパワーX」がコルトスナイパーBBにも採用されており、キャスト時のブレを軽減してくれています。

また、リールシート部にダブルロックナットが採用されていて、エントリーモデルとはいえ、充実した装備となっています。

気軽にライトショアージギングを楽しむなら、硬さはMもしくは無難にMHがいいとおもいます。大物がかかる場所の場合は、Hがあったほうがいいでしょう。

ダイワジグキャスター

コルトスナイパーBBと双璧をなす、エントリーモデルの定番ロッドです。若干コルトスナイパーBBより安めかな、という印象。

チューブラ素材が中心のため、キャスト時のブレは否めませんが、軽めのジグなら全然気になりません。

なんにせよ1万を切る価格で買える国産ショアジギングロッドとしては、選んでそんはないロッドです。

メジャークラフト クロステージ

ソルトルアーフィッシングでは定番のメジャークラフトです。

このメーカーは本格的なショアジギング用ロッドは出していないそうですが、クロスフォースという強化機構が採用されており、ばかでかい大物じゃなきゃ、問題なく対処できます。

最後に

f:id:emmapapa:20180109235206j:plain

うえで紹介した各メーカーのシリーズは、実際にぼくが悩みに悩んだ3種類のシリーズです。結果、店舗に在庫があったコルトスナイパーBBにしたというネガティブ選択ではありましたが、買って大満足。

それぞれ上位モデルが存在していますが、初心者にはこのレベルで十分。あとは実績を伴わせるだけです^^;

みなさまもぜひいいものを選んで、いい釣りに出かけてくださいね。