釣り行こっ!

子供を海釣りに連れて行ったら自分が釣りにハマった

初心者向けにショアジギングをまとめてみた

 近頃、ルアー釣りの1つであるショアジギングが大流行ですね。繊細なテクニックもあるのでしょうが、名前の通り20~40gぐらいのメタルジグをひたすら投げて、ブリ・ヒラマサなど「それ、店で買うさかなじゃん。」っていうのを狙う、豪快かつロマンのある釣りです。

ショアジギングとは

f:id:emmapapa:20180104224621j:plain

ジギングというのは、ルアーの一種であるジグを使った釣り(のはず)で、ショアは岸・陸ですから、言ってみれば、オカッパリルアー釣りです。

20~40gのジグやミノー(ジグじゃないけど)などを、ひたすら投げて巻いて引いて、青物を狙う釣りです。

防波堤から1m級の大物を釣ることも可能で、虫餌やコマセの臭いもなく、スポーツフィッシング寄りなので、装備や道具などもどこかかっこいい。とてもおもしろい釣りです。

ショアジギングの獲物と時期

ほとんどが回遊する青物が獲物で、時期は9月~12月ぐらいがハイシーズンらしいです。

獲物はカマス・サバ・アジ・タチウオ・サゴシ・ヒラメ・マゴチ・ソーダガツオなど。

ボートで釣るもんだと思っていたシイラなんかも釣れるらしい。ワクワクしますね。

ショアジギング用ロッドの特徴

f:id:emmapapa:20180104224600j:plain

ショアジギングに求められるロッドのポイントとして、一日中20~40gのジグをキャストするための軽さと、大物をあげるための強さ、そして長さが上げられます。

長さは、短いと取り回しやすく、長いとロングキャストが可能になるというトレードオフで選びますが、だいたい9~10フィートの範囲に収まってます。9.6フィートが一般的なようですね。10フィートは長い部類みたい。

長いとロングキャストできるという特徴もありますが、テトラなどの足場の悪いところでも重宝したりします。

最後に

バス釣りハマってただけに、ショアジギングは新製品のタックル、ジグやワームなどコレクターとしての血も騒ぐとっても危ない釣り^^; 2000円クラスのルアーを第一投で根がかり、なんて悪夢がまた再現されてしまうのか。。。

ですが、逆に過去の遺産を使いまわせるので、これからガンガンやっていこうと思ってます。