釣り行こっ!

子供を海釣りに連れて行ったら自分が釣りにハマった

スポンサード・リンク

ファミリーフィッシングに最適 サビキ釣り

サビキ釣りは、簡単にかつ大量に釣れる子供や初心者におすすめの釣り方です。でも、ナメてかかったらボウスになることもありえるのが、海釣りの難しいところ。ここではサビキ釣りの基本や必要な道具などをまとめました。

サビキ釣り

サビキの仕掛けは、針にひらひらが付いている5~6本の針と、かごと重りからなります。

 

f:id:emmapapa:20171223205127p:plain

出典:アマゾン堤防釣り仕掛けと釣り方

 

上カゴは関東式、下カゴは関西式ともいうらしい。水深が浅い場所では、上カゴのほうがコマセとサビキが同調しやすく、水深が深い場所では逆に下カゴが有効だそうです。関西は水深が深いってことなんですかね。

サビキ仕掛け

色で使い分ける

サビキの完成仕掛けは、針についているヒラヒラがピンク色のものとハゲ皮と呼ばれる緑っぽい透明色のものと2種類あります。

基本は、コマセの色に合わせたピンクを使用し、食いに合わせてハゲ皮を使ったりするそうです。ハゲ皮は水に浸かると半透明になって、魚が普段食べているプランクトンに似せています。

針のサイズで使い分ける

防波堤釣りでのサビキは、3号~6号が標準。船釣りや遠投用で7号~9号というのもあります。

針のサイズの目安は、先人の知恵からアジのサイズでいうと大体以下の感じ

  • 豆アジ(5cmぐらい)・・・3号~4号
  • 小アジ       ・・・4号~5号
  • 中アジ(20cmぐらい)・・・5号~6号

周りが釣れているのに自分のところだけ掛からない、というときは針を小さいサイズにしてみると釣れだす、ということもあるようです。

その他のサビキ仕掛け

サビキはイワシ・アジ・サバが主要な獲物ですが、ハイシーズンでは尺(30cmオーバー)のアジ・サバが釣れたり、これらを捕食する青物が釣れたりします。

そのため大型の魚が釣れてもいいように、「太ハリス」といって釣り糸が太くなっているシリーズもでています。

また、サビキは夜釣りでも効果を発揮するということで、針についているヒラヒラが夜光塗料、蓄光成分で光るというものもあります。

こういった特徴あるサビキ仕掛けは、まわりで釣れている魚をヒントに、使うかどうか決めてみてもいいかと思います。

 

仕掛けは安いものでいい

釣具屋さんで、サビキ仕掛けコーナーを見るといろんな仕掛けがあります。下は3つセットとかで1つあたり100円切るものから、1つだけで500円ぐらいするものまで。

食いが渋いと、高いものが効果を発揮する(と信じたい)とおもいますが、僕的には安いものを、できるだけ種類を多く持つようにしています。

まずは4号~6号をピンクとハゲ皮それぞれ、そして太ハリスや夜釣りように蓄光スキン。釣れないと色を変えてみたり、釣れても高確率でハリスがヨレヨレになって針同士で絡まったりするので、仕掛けは潔く使い捨てにするため、できるだけ安いものを買うようにしています。

タックル(竿とリール)の選び方

上州屋とかキャスティングなど釣具界の量販店と呼べるところには、必ずある『初心者サビキセット』。

こういうどこのメーカーかよくわからないものですが、サビキを始めようとする人にとっては、簡単に道具が全部揃うので、便利だとおもいます。

竿やリールの良し悪しで釣れる・釣れないということはありませんので。

「やってみようとおもうけど、続けるかどうかわからない」という人向けですね。

ただし釣りを始めたいけど、よくわからないからまずサビキからスタート、という人には向いてないかもしれません。

こういうセットモノは数回釣りで使ったら、かなりの確率でどこかが壊れます^^;

僕も子供に買って上げたら、2回目の釣りで竿のガイドが折れました(泣)。あとリールのハンドル固定ネジが使っているうちに緩むので、たまに締め直していたのですが、それでも巻いているときに外れて海に落ちてしまいました。

続けるつもりがあるなら、高価なものはいりませんが、ちゃんとしたメーカーのものがいいですね。

ロッド(竿)は磯竿か防波堤釣り用

ロッドも店頭を見渡すと、いろんなものがあります。サビキ釣りでは、目の前に仕掛けを落とすかちょい投げするだけなので、高価なものは不要です。

長さは、漁港など目の前に仕掛けを落とせるような場所では、1.8mか2.7mぐらいが子供にとっても取り回しやすい長さだとおもいます。岸壁が高いとか、釣座から海面まで高さがある場合は、3.6mなど長めのものが必要になります。

 

メジャーなメーカーは、国産なら誰もが知っているダイワやシマノ以外にもいくつかありますので、店頭で気になるメーカーを独自調査してみるのもいいかもしれませんね。

リールは、各メーカーで釣りに特化した作りのものもありますが、同様に汎用というカテゴリーのものが市販されています。

釣具屋さんでプライベートブランドはだいたい1500円~2000円ぐらいなのですが、メーカーの技術を一部取りれた汎用機のほうが、耐久性はあります。3000円ぐらいかな。安物買いにならないよう、できればメーカーのものを買ったほうが無難かとおもいます。

リールも国産エントリーモデルが買い

 

日本のメーカーシマノの入門機アリビオは、釣り糸が巻いてある状態で実売価格3000円程度というリーズナブルで、メーカー独自技術により使用感はとても快適です。

 

 

どちらがいいかは、好みもありますので一概にはいえませんが、この2つのうちどちらかを買っておくと、この先末永くつかえることでしょう。

サビキ釣りの釣り方

仕掛けをセットしたら目の前に落とす

サビキはカゴのコマセとサビキ針を同調させる(同じような位置にすること)ので、遠くには飛ばしません。目の前に落とし込みます。

棚を見極める

棚とは海面から(もしくは海底から)どれぐらいの高さか、です。魚が回遊する際どの高さを泳いで通るか、なんですが、経験上、特にアジは棚にシビアなので、できれば周りの釣れている人に、聞いちゃうのが手っ取り早いですね。

聞く人がいない(もしくは勇気がない^^;)場合は、まず仕掛けを一番底まで落としてから、徐々に巻いていき、釣れる位置を探ります。

カゴからコマセを放出!

簡単にいうと、上下にゆらゆらさせるんですが、これも経験上、仕掛けを上げるタイミングより落とすタイミングのほうが、釣れます。なので、落とすときはなるべくサビキ針が自然に揺れるイメージでふんわり動かします。(僕的には)。

仕掛け回収・手回し

上述のようにふんわり落として、魚が食ったとして、竿先にビビンと魚の感触があるのはやっぱり上に引っ張ったとき。もしかかっているようなら、リールで巻き上げ、収穫です。

カゴのエサは、大体4~5回仕掛けを揺するとなくなるので、エサがなくなったら回収。最初に戻ります。

もし魚がかかったとしたら、回遊魚の時合は、10分ぐらいのほんのちょっとのときもあるので、できるだけ素早く上げて、魚を外して、コマセをカゴに入れて、釣れた高さ(棚)まで、また仕掛けを落とし込みます。この一連の動作を手回しといいます。

特にサビキの釣果は、この手回しの手際良さにかかっているので、できるだけなれるようにしたいですね。

ぼくたち家族が「つれたー!」って喜んで収穫して、仕掛けを再投入するまでに、3回繰り返すベテランさんがいました^^;

最後に

いかがでしょうか。簡単ではありますが、それだけに釣れないとショックが大きいサビキ釣りですので、できるだけ多くつれるように、予備知識を仕入れて釣りにでかけてくださいね。